af9920040447

【業界向けの話題】変更後の「債権の範囲」の記載方法

根抵当権の債務者が吸収合併存続会社となって合併した場合に、根抵当権者の吸収合併消滅会社に対する銀行取引債権(無担保)を根抵当権の債権の範囲に加える場合、登記申請書に記載すべき「変更後の事項 債権の範囲」はどのような振り合いになるか。

変更後の事項 銀行取引 手形債権 小切手債権
       平成〇年〇月〇日合併(被合併会社株式会社〇〇)にかかる債権

これでいいのではないか思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>