備忘録 海外転勤中に住宅を取得した場合の住宅用家屋証明書

af0100037802 「海外転勤中に日本国内に住宅を取得し家族が住んでいる」とか、「住宅完成間近に海外転勤を命じられ、単身で転勤してしまった」というような場合でも、住宅用家屋証明の取得が可能である。住宅用家屋証明を取得することができれば、登録免許税が減税されるのでマメ知識として知っておきたい。

 要件として、配偶者等の家族がその住宅に居住していることが必要のようだ。したがって、申請書には、事情を書いた上申書と居住している家族の住民票の添付が必要とのこと。もっとも、市町村によって取扱が異なる可能性もあるので事前に確認しておいた方がよい。

 住宅用家屋証明を利用した登録免許税の減税は、登記のあとに減税できたことに気がついても還付という制度がないので注意が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>